ペルーリマ近郊の穏やかな漁港の街 プクサナ

プクサナはペルーの首都リマからバスで南に1時間ほどの場所にある小さな漁港の街

高台にあるホテルからの眺めは昼も夜も素晴らしく(写真)穏やかでリラックスするにはとても良い場所です

朝には港は採りたての魚が水揚げされ、毎日新鮮な魚介類を楽しめる

50cm程のカツオが1本10ソル程と値段も手頃で、頼めば綺麗にさばいてくれます

ボートで周遊してアザラシなどの野生動物の観察や釣りなどを楽しむアクティビティーもあり、リマの喧騒に疲れたならぜひ足を運んでみてはどうでしょう

 

 

 

 

 

リマからプクサナまでの行き方と街の位置関係

まずリマ市内を南北に走る幹線道路 パメリカーナ・スールの南にあるプエンテ・アトコンゴという場所まで行きます

写真の☆印 Paradero Proceres のバス停からプクサナ行きに乗りましょう

料金は5〜7ソル程です

 

矢印のあたりで降ろされます

下の写真は拡大図です

 

赤丸のあたりから乗合タクシーまたはバスに乗り継ぎます

プクサナ中心部 Municipalidad まで行きたいと伝えましょう1〜2ソル

 

 

パメリカーナ・スールを南下する路線はリマ〜イカ

プエンテ・アトコンゴからパメリカーナ・スールから南下するこの路線はリマからイカまでのルートが多く、途中で降りることも可能です

サン・バルトロ、チルカ、サンペドロ・マラ、ピスコなど、どこでも降りることができるので、イカ、ワカチナに向かう途中で寄るのがオススメ

パメリカーナ・スールのどこからでも手を上げてバスを止めれば乗せてもらえます

 

 

プクサナ漁港の街。海にはボートが沢山

ボートは相乗りで1台30〜40ソル程、10人集まれば1人、3〜4ソル。交渉次第でもっと安くなるかもしれません

自分はあいのり相手が見つからなかったため、ボートに乗らず岸から釣りをして遊んでました 竿を使わず、おもりと糸だけで釣るスタイルでたくさん釣れました

アブラコのようなギリギリ焼いてたべられるサイズの魚が意外に良く釣れます 宿に持って帰ったら宿の方がバター焼きにしてくれました 

プクサナのビーチのそばの商店にエサや釣具は売ってます

浜辺のレストランではセビーチェが15〜20ソルで大人2人でお腹いっぱい食べることができます

ここのセビーチェはタコがたくさん入っていてとても美味しかった

 

 

浜辺で買ってきたビールを飲みながら海を眺めてまったり過ごしたり、地元の子供達と海に飛び込んで遊んだり

プクサナはこじんまりした街ですが、人も穏やかで可愛らしい街です

 

 

ここのレストランは美味しかったです 料理の写真を撮り忘れてしまいましたが…..

海沿いには観光客向けのレストランから安い定食屋まであるので1週間くらいなら飽きずに入られるのではないかと思います

またメルカード(市場)もあるのでキッチンがあるなら自炊するのもいいでしょう

 

歩いて数分で隣のナプロビーチへも行ける

歩いて隣のビーチにも行くことができ、ここではビーチパラソルと椅子をレンタルすることができます

ビーチの手前には泳いだあとにはうれしい簡易シャワーサービスもありました

土日はリマからの観光客がたくさん来ていて、ビーチパーティーもやっていました。やはりそこは大衆音楽クンビアの生演奏

 

 

プクサナでオススメの宿 「Curz Del Sur」

Cruz Del Sur は2017現在、完成したばかりの新しい宿。漁港を見下ろす高台にあり部屋ごとにテラスがついてます

オーナーCalleさんはデンマークの方で英語、スペイン語でコミュニケーションがとれ、予定が合えば彼の車でプクサナ周辺の観光地にもつれて行ってくれます

彼はクスコにあるCasa Del Inkaのオーナーと友人らしくそちらも紹介していただきました

Cruz Del Surは毎朝とっても美味しくてボリューム満点の朝食が付いています

フレッシュなトーストにチーズ、コーヒー、ジュース、アボガド、ヨーグルトなど

WiFi キッチン 洗濯機 HDMI接続可能なTV テラス ホットシャワー バストイレ共同

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です