世界放浪と暗号通貨 <旅を続けながら収入を得るには>

カード盗難、紛失、吸い込み事故に備えるお守り的カード

 

海外旅行でお金の管理には国際キャッシュカードやクレジットカードが便利なツールですが、紛失や盗難のリスクは常に付きまとう問題です。慣れない海外旅行時に国際電話を使って再発行の手続きをするのは容易ではありません

また、カードの停止から再発行、受け取りまで時間が掛かり、旅行中もっとも貴重な時間という損失も大きいうえに、カードが届くのを待っているあいだのお金の工面も必要です

キャッシュパスポートはクレジットカードや国際キャッシュカードの盗難や紛失時の保険として便利なカードです

審査不要の外貨専用デビットカードで海外210カ国のマスターカードの利用できるATMで引き落としができ、マスターカード加盟店でクレジットカードとして使えます。申し込み時にスペアカードが1枚付いてくるので再発行を待つこともありません

カードの再発行について

クレジットカードの再発行は基本的に主要都市でしか受け取れません。所要日数も2〜5日ほど、費用も1万円くらいかかってしまいます。海外で紛失した際のカード再発行までの期間や費用、受け取れる場所をあらかじめ調べておくといいでしょう

新生銀行やシティバンクの国際キャッシュカードは海外緊急再発行は行っていないので、念のため予備のカードが必要になってきます

 

キャッシュパスポートとは?

 

キャッシュパスポートとは日本円を事前に入金して、海外旅行時にその国の通貨でATMで引き落としや、MasterCard加盟店でクレジットカードのように使うことができる外貨専用のデビットカードです

残高がなくなっても銀行ATMやインターネットバンキングを使って簡単にチャージすることができ、インターネットから残高の確認ができます

入会金、年会費、カード発行手数料が無料。12ヶ月利用がない場合に限り月額150円の口座管理手数料がかかります

銀行口座を開設する必要がないため、盗難にあっても銀行口座にある残高をすべて引き出されてしまうようなことがなく、申し込み時にスペアカードが1枚付いてくるので、紛失や盗難の際も24時間365日対応の緊急アシスタンスサービスに連絡してスペアカードに切り替えてもらうだけで再発行の必要がありません

キャッシュパスポートは入金時の為替レートで現地通貨にチャージされるので為替レートのいい時を狙って両替することができる利点があります。(14:30以降の振り込みは翌日のレートが適応されます)この点はクレジットカード、国際キャッシュカードのなかでもキャッシュパスポートを選ぶ大きなメリットです

キャッシュパスポート ""” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>キャッシュパスポート公式ホームページ

 

キャッシュパスポートの手数料

キャッシュパスポートは国際キャッシュカードに比べて手数料が0.5〜1%ほど割高になります。この点が唯一のデメリットといったところでしょうか

12ヶ月利用がない場合は月額150円の口座管理手数料がかかるので使わない場合は解約してしまいましょう。

手数料が安い順にクレジットカード、国際キャッシュカード、キャッシュパスポートの順になります

キャッシュパスポートのお得な特典

Tポイントが貯まる

Tポイントカードを持っている方はキャッシュパスポート使ってポイントを貯めることができます。キャッシュパスポートを海外で使うと、20000円につきTポイント100ポイントが貯まります。1ポイント=1円を提携先で利用することができます

初回入金キャッシュバック

キャッシュパスポートにお金を入金すると500ポイントがキャッシュバックされるので初回の入金手数料は実質無料になりお得です

 

まとめ

メインのお金の管理にクレジットカードや国際キャッシュカード利用して、盗難、紛失、ATMのカード吸い込み事故の備えとしてキャッシュパスポートを持つのがベストです

その際もカードを分散して持つように心がけましょう

それでは良い旅を!

キャッシュパスポート ""” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>キャッシュパスポート公式ホームページ