【ESTA】アメリカ経由の海外旅行での注意点

アメリカ経由するときは色々面倒な手続きやルールがあるので注意が必要です。トランジットのためだけにESTAを取得しなければいけなかったり、荷物のチェックも厳しく何かと面倒ごとが多く何度も入国前にあたふたしました

アメリカ経由でカナダや中南米に入国する際に押さえておきたい2つの注意点をまとめてみました

 

電子渡航認証ESTA

アメリカ経由する場合たとえトランジットするだけでもESTAを取得する必要があります。ESTAは年齢に関わらず全ての渡航者への必須条件となっています

ESTAの手続きはインターネット上でおこないます。入力などに時間を要するため、少なくとも渡米の前日には済ませておきましょう

ESTAを取得していない場合、日本の空港で出国を拒否されてしまいます

ESTA認証許可に14ドルの費用がかかり、必須情報を訂正の場合、その都度費用がかかってしまうので注意が必要です

ESTAの支払いはクレジットカードもしくはデビットカードで決済します

ESTAシステムではマスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー(JCBを含む)。JCBカードを使って支払うことができます

 

ESTAの取り方

用意する物はパスポート、クレジットカードもしくはデビットカードです

 

 

片道航空券でアメリカを経由するときの注意点

トランジットするだけであってもアメリカ経由でのカナダ、メキシコ、カリブ諸国への入国は第3国への出国のチケットがなければ入国できません。(ワーキングホリデーなど事前にビザを取得している場合は問題ありません)

つまりこれらの国がフライトの最後の場所になっている場合、アメリカから出国したことにならないので90日以内に第3国に出国する予定がなければ(チケットを持っていなければ)入国を拒否されてしまうことになります

アメリカに入国後に第3国へ出国する航空券を入手するというのも通用しません

あくまでも入国前にチケットを持っていることが条件になるのでその場でチケットを購入する以外方法はありません

アメリカーメキシコ=×

アメリカーメキシコーコロンビア(第3国)=○

 

裏技を使って切り抜けるには…

それでもチケットを買わずになんとかしたい!という方は航空券の予約ページを提示して切り抜ける方法があるようです

ダミーチケット作り方」でググると裏技指南のページが見つかるので参考まで