世界放浪と暗号通貨 <旅を続けながら収入を得るには>

【ゴア】サイケデリックトランスおすすめMIX【FREE DL】

インド ゴアで行なわれているサイケデリックトランスのパーティーで実際に聴いて感動したアーティストを紹介していきます。今回はアーティストのトランスmixを4つ紹介します。

なかにはフリーダウンロード可能な作品もあるので繰り返し聞きたい方は1度サウンドクラウドに入ってダウンロードしてみてください。

 

それではいってみましょ

 

Goatika Creative Lab

 

まずはGoatika Creative Lab ロシア出身のGoatikaを中心に、Kliment (ブルガリア)、Jovis (アメリカ)、Elvis (インド ゴア)と多国籍なメンバーで結成されたサイケデリックトランスバンド。この音源は2014年にゴアShiva Valleyで開催されたOne Day Ozora, in Goaでのライブレコーディング (DL可)

 

 

Tristan

イギリス出身Tristanのmix。パーティーではひときわ際立っていて何故こんなことができるのだろう?と不思議なくらいハッピーでサイケデリックな空間を音で作り上げてしまう魔法のようなプレイでした。音も顔もイケメンで女性ファンが前列を埋め尽くし、インド人男性が絡むもはじき出される様が爽快でした (DL可)

 

Dust

イタリア出身LooneyMoonRecordsからDustのmix

2015年に開催されたMo:Dem FestivalのLive音源 

 

Dirty Saffi

イギリスのサイケデリックトランスレーベルBom Shanka MusicからPsymmetrixのメンバー AlとDJ NukyのカップルユニットDirty Saffiのmix。

2015年には2ndアルバムUmamiリリース!

アッパーで太い低音にハリのある上音、エッジの効いたサウンドが癖になります。ゴアのShiva Valleyでのパーティーでプレイしているのをみて1発でハマっちゃいました。オススメです。